PMS対策で穏やかな日々を取り戻す【女性特有の症状を撃退】

二人の女性

コンテンツ一覧

肝臓機能と効果

サプリメント

肝臓部においてオルニチンは、オルニチンリサイクルの活動を促進してくれます。それによって肝臓機能を正常化させます。また、アルコール飲料による疲労や全身のだるさなどの改善効果もあります。エノキタケ、チーズなどの食品からも摂取できます。

読んでみよう

免疫機能を高める成分

海藻

健康食品として注目されているフコイダンですが、これは海草などのネバネバした物質に含まれている成分です。身体の免疫機能を高める効果があり、ガンの治療にも利用されています。また抗アレルギー効果もあり、肝機能を高めることができます。美容効果もあり、特にアンチエイジングに利用されています。

読んでみよう

月経前の不快な症状の改善

女性

ストレスを解消する

月経が始まる1〜2週間前から、イライラしたりやたら攻撃的になったりといった心の不快な症状や、乳房が張って痛む、むくみがひどい、お腹が張る、腰痛等の体の不快な症状を訴える人が非常に多いと言われています。これらのほとんどは、月経前症候群(PMS)の症状です。なお、PMSは月経が始まると収まるという特徴があり、月経中に激しい頭痛や腹痛に悩まされるといわれる月経困難症とは区別されています。PMSは、ほとんどの女性が経験しているといわれるメジャーなものです。ただし、そんな中でも症状が重い人に共通しているのがストレスです。PMSは精神状態の影響が大きいとされ、ストレスがかかると症状が重くなりやすいことが知られています。そこで対策として、休みの時には趣味など好きなことに没頭する、マッサージなどでリラックスする等のストレスを解消することが改善の大きなメリットになります。また、PMSの症状が重い時に我慢するとそれがストレスになり、さらに悪化することがあるため、ツラい時には迷わず病院で受診することが大切です。

改善する方法

病院の婦人科や女性専門外来では、それぞれの症状に合わせて対処する対処療法の他、ピルを使用してホルモンバランスを整える治療が行われています。また、体質の要素も大きいことから漢方による治療も有効とされています。なお、痛みが強くなる等の重い症状がある場合は、PMSだけでなく子宮内膜症などの病気が隠れている場合があるので医師に相談することが大切です。この他の対策としては、サプリメントが有効とされています。PMSになりやすい人は、同時に貧血の症状を併せ持つことが多いと言われています。この貧血対策に有効なのが「鉄」です。また、イライラ等の心の症状には「カルシウム」や「マグネシウム」が効果的とされていることから、これらのミネラルを配合したマルチミネラルのサプリメントを積極的に取ると良いとされて言われています。痛みの対策にはビタミンが有効とされ、中でもビタミンEはホルモンバランスを整えることにも効果が期待できることから、これをサプリメントで効率的に取ることが推奨されています。

イソフラボンに注目

PMS対策で穏やかな日々を取り戻す為には、身体の栄養管理をしておくのが一番です。その中でも女性ホルモンと似たような働きをしてくれる大豆イソフラボンは、美容のために摂り入れている人も多いでしょう。大豆イソフラボンは生理前の肌荒れに最適な栄養素であり、低カロリーの商品も多いです。また、女性特有の症状である黄体期にも効果的であることから、辛い日々を乗り越えたい女性に最適です。

不飽和脂肪酸を併用

サプリメント

不飽和脂肪酸の一種といわれるEPAは魚で取ることが望ましいといわれていますが、サプリメントで取り入れたほうが素早く快適といえるのです。DHAと一緒に取り入れることによって相乗効果が発揮され、脳の血管の健康をサポートする期待が高まります。

読んでみよう